息子は重度の卵アレルギー。

五歳の男の子のママですが、息子は幾つかの食物アレルギーと酷い花粉症持ちです。

最初に息子のアレルギーに気付いたのは、まだ一歳になる前の頃。離乳食を開始してしばらくした頃で、その日は初めて卵に挑戦しようとしていました。

卵アレルギーの話は周りのママ友さん達からも聞いていましたし、育児雑誌でもよく目にしていましたので、卵にはしっかりと火を通しホウレン草の卵とじを作りました。それを与えて五分後、息子の顔はみるみる腫れ上がり、呼吸も苦しそうに…慌てて救急車を呼びましたね。

運ばれた病院でアナフィラキシーショックと診断され、やっと帰宅が許されたのはそれから半日後のことでした。主人にも私にも花粉症などの多少のアレルギーはあれど食品、特に卵に関しては全く問題なかったので本当に驚きましたね。
Continue reading “息子は重度の卵アレルギー。”

喘息の夜は

だいぶ外の気温も上がり大変過ごし易くなって来ました。

やはり、暖かくなると子供は外に出て遊ぶ機会が増えると思います。
ゲームばかりで、外に行かなくなったとはいえ公園等で遊ぶ事は沢山あります。

ですが、今は昔と違い外はpm2.5や黄砂などアレルギー物質の宝庫でもあると言えます。
そうなると増えるのがアレルギーによる体調不良です。

私にも、子供が居ますが2人ともアレルギー体質です。
少しでも外で遊んで来れば場所にもよりますが、目が充血して鼻がつまりひどい時は喘息まで出てきます。

喘息が出ると、昼間はましですが夜になると発作が出て何度も起きて吸入したり背中をさすったりしないといけません。

親は、特に母親は寝不足になることでしょう。仕事をしながらだと余計に負担が多いです。

そんな時は、イライラして少しの事でも腹がたつし色んなものに八つ当たりしてしもうことも多々あります。
Continue reading “喘息の夜は”

新しいアレルギーのタイプ。

食物アレルギーと言えば、小麦や卵、ピーナッツなどに対するものが多く、特に小児にはその反応が出やすいと言われています。

しかしそれらのアレルギー反応は大人になるにつれて軽症になることが多く、少量のアレルゲンの摂取ならば問題がなくなる人が多いです。

また食物アレルギーの中でも急激に反応が体に起こるアナフィラキシーショックは命を奪う可能性があり、大人でも注意が必要です。

これまでは先ほど紹介したような食物アレルギーしか存在を知られていませんでしたが、最近新たな食物アレルギーの型があることが発表されました。

それは遅延フードアレルギーというものです。その名の通り、緩やかなアレルギー反応が遅れて出てくるためにアレルギー反応であると気付かない人が多いそうです。
Continue reading “新しいアレルギーのタイプ。”

ダニアレルギーの息子

息子が3歳児健診の時に耳鼻科の先生が鼻声を気にして、かかりつけの耳鼻科に一度受診するようにと言われました。

風邪をひいた時に何度か通ったことがある耳鼻科に受診に行くと、アレルギーを持っているとのことでした。

その時は特に何のアレルギーか聞かずに飲み薬を処方してもらって毎食後に薬を飲むようになりました。

考えてみれば、息子はくしゃみをすると、2.3回くしゃみを連続でしたり、寝ている時に鼻水が詰まって寝にくそうにしていることが多かったです。
Continue reading “ダニアレルギーの息子”