息子は重度の卵アレルギー。

五歳の男の子のママですが、息子は幾つかの食物アレルギーと酷い花粉症持ちです。

最初に息子のアレルギーに気付いたのは、まだ一歳になる前の頃。離乳食を開始してしばらくした頃で、その日は初めて卵に挑戦しようとしていました。

卵アレルギーの話は周りのママ友さん達からも聞いていましたし、育児雑誌でもよく目にしていましたので、卵にはしっかりと火を通しホウレン草の卵とじを作りました。それを与えて五分後、息子の顔はみるみる腫れ上がり、呼吸も苦しそうに…慌てて救急車を呼びましたね。

運ばれた病院でアナフィラキシーショックと診断され、やっと帰宅が許されたのはそれから半日後のことでした。主人にも私にも花粉症などの多少のアレルギーはあれど食品、特に卵に関しては全く問題なかったので本当に驚きましたね。

その後改めて行った血液検査で、息子の卵アレルギーは六段階中五段階めの強度だと判明。当然卵は一切禁止、卵を含む全ての食品にも最大限の注意を払うようにと指導されました。

息子がこうなるまで全く意識していなかったのですが、卵は本当にありとあらゆる食品に含まれているんですよね。パンや麺、菓子類は勿論、マヨネーズやハンバーグのつなぎ、唐揚げの衣など…成分表示に目を通して初めて気付くことがほとんどでした。

それから四年が経ってパンや麺など食べられるものは増えましたが、アレルギーの数値自体はどんどん上がっていく状態で卵自体はやはり絶対禁忌です。

子どもの頃にほとんどが治るといわれている食物アレルギーですが、我が家の場合はまだまだ先が長そうです。息子や周りにしっかり理解してもらい、地道に付き合っていきたいですね。