子供の食物アレルギーの原因

我が子は生後半年ですが、すでにアレルギーの気配があると皮膚科の先生に言われました。

顔から体までお肌にぼろが出来、赤ちゃんの柔らかなお肌とは真逆の肌になってしまっています。

これもすでにアレルギー反応が起きているようで、両親のどちらかに花粉症やアトピーなどをもっていると、子供にも遺伝する可能性が高いようです。

そして、アレルギー反応がお肌にあるという事は食物アレルギーになる可能性も高くなるようで、アレルギーのあるお肌から両親が食べた小麦粉や卵などの食べ物の一部が触れることにより、皮膚から吸収してしまい、食物アレルギーになってしまう確率が非常に高くなります。

なので、しっかりとお肌のアレルギーを治してあげることが一番の対処法だそうです。

そして、離乳食の開始を遅らせて、ゆっくりと進めることも大事なのです。通常生後5か月から6か月くらいから開始する離乳食ですが、その後もミルクだけでも十分栄養はとれているので、周りが始めていても焦らず遅めに進めることが良いそうです。

我が子も今離乳食の開始時期ちょうどですが、まだ始めるつもりもありませんし、焦ってもいません。

少しでも食物アレルギーのリスクが減らせるのなら出来ることはいろいろ試してみたいと思います。